Welcome

インフォメーション

2020-02-21 15:00:00

国公立大2次試験の確定志願者数・志願倍率等が発表となりました。志願者数は過去最少、志願倍率も過去最低となりました。

 

文部科学省は、今月25日から始まる国公立大2次試験の確定志願者数を発表しました。国公立全体では439,565人で、前年度比30,271人減、志願倍率は前年度より0.3ポイント減の4.4倍で、1990年の大学入試センター試験導入以来、志願者数は最少、倍率は最低となりました。

 

国立の確定志願者数は、前年度比22,961人減の307,192人、公立が7,310人減の132,373人、志願倍率は国立が3.9倍(前年度比0.3ポイント減)、公立が6.0倍(同)でした。

 

2段階選抜は、前期日程で実施を予告していた62大学154学部のうち、23大学39学部で行われ、2,138人が2次試験に進めず不合格となりました。確定志願状況及び2段階選抜実施状況(前期日程)の詳細は下記のリンクをご覧ください。

 

令和2年度国公立大学入学者選抜確定志願状況(文部科学省)

令和2年度国公立大学2段階選抜実施状況の概要【前期日程分】(文部科学省)

令和2年度合格者発表日一覧(文部科学省)

 

 


2020-02-20 18:00:00

当館近隣主要進学校(県立高校)志願倍率等の速報をお知らせします。【2月20日16時現在】※志願先変更後

 

2月20日県立高校倍率1.PNG

 

志願先変更前と志願先変更後の比較【2月20日16時現在】

2月20日県立高校倍率2.PNG

 

本日16時の志願先変更期間終了をもって、県立高校の志願者数及び志願倍率が確定しました。これらの数値は確定したものの、数値に左右されることなく、自分を信じて、最後の最後まで諦めずに全力で頑張っていきましょう!受験生の皆さんの健闘を祈っています。

 

全県立高校の志願倍率等は、21日(金)以降に、茨城県教育委員会の発表を待ち、その後お伝えいたします。

 

 


2020-02-19 19:00:00

当館近隣主要進学校(県立高校)志願倍率等の速報をお知らせします。【2月19日16時現在】≪志願先変更後≫

 

2月19日県立高校倍率1.PNG

※緑岡高校を除く

 

志願先変更前と志願先変更後の比較【2月19日現在】

2月19日県立高校倍率3.PNG

※緑岡高校を除く

 

全県立高校の志願倍率等は、志願先変更後の21日(金)以降に、茨城県教育委員会の発表を待ち、その後お伝えいたします。

 

 


2020-02-18 15:00:00

当館最新チラシを公開いたします。

 

pdf 最新チラシ 2002表.pdf (1.06MB)

pdf 最新チラシ 2002裏.pdf (0.88MB)

 

最新チラシ 2002表.jpg

 

 

最新チラシ 2002裏.jpg

 

お申込み・お問い合わせは、お電話、または当館受付まで、見学・入会相談も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。(日曜・月曜・祝日休館)

 


2020-02-15 13:00:00

茨城県立高入学志願者等が発表されました。志願倍率は1倍を切りました。全日制は1.01倍です。

 

茨城県教育委員会は昨日14日、令和2年度の県立高校入試志願状況を発表しました。全日制は募集定員18,790人に対し、18,977人が志願し、平均倍率は1.01倍(前年度比0.05ポイント減)、定時制は募集定員920人に対して508人で、平均倍率は前年度と同じ0.55倍となりました。全日制と定時制を合わせた全体の倍率は0.99倍となり、記録の残る1981年度以降初めて1倍を切りました。春から私立高校の授業料実質無償化が始まるため、そこも影響しているのではと考えられます。

 

全日制の学校別志願倍率では、水戸一と水戸桜ノ牧が1.64倍と最高で、土浦二(1.41倍)が続きました。学科別では、水戸三・家政(1.78倍)がトップ、大学進学指導に力を入れていることが評価されていると思われます。2位は水戸工・情報技術(1.78倍)でした。

 

今月19日、20日に志願先の変更を受け付け、最終的な志願状況が決まります。一般学力検査は3月4日、特色選抜の面接や連携型入学者選抜などは5日に行われます。合格発表はいずれも13日となります。

 

各校の具体的な数値は下記のリンクをご覧ください。

 

令和2年度茨城県立高等学校第1学年入学志願者数等【志願先変更前】(茨城県教育委員会)

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...